これからは「急に決まってすぐ終わり,しばらく残る」です

 まずは6/13のAmaKha遠隔同時セッション生配信,たくさんのご視聴誠にありがとうございました!
 お伝えした通り,この配信では初めてNETDUETTO (以下ND) に大変造詣の深いエンジニア,橋本敏邦さん (T-SPEC) にミキシングをお願いし,前回5/10を大幅に上回る音質の良さで遠隔セッションをお届けすることができました。今回はアーカイブを残せなかったのであとからそのままご覧いただくことができないのが残念ですが,後々編集したものをちょこっとお見せできたらいいなと思っています(でも最近一時的に忙しくなってしまい,とても手元の動画に手をつけられる状態ではないという)。

 そして6/21には急遽決まったキーストンクラブ東京での「ゆう・ゆう・けんと」ライブが無事行われました。こちらは少観客+生配信という今一番多いハイブリッド型のライブで,個人的には実際にお客さんの目の前で演奏するのが実に3ヶ月ぶりでした。もちろん生のライブは最高でしたし「ライブは生が一番」という定説にも異論を挟むつもりはないですが(だからこそ,今この艱難を前にしてそれをわざわざ口に出して言うのも詮なき事だと思います。「オレ,1+1=2じゃないかと思うんだよね」って真顔で言うのと同義),無観客配信にも,ND在宅配信にも,そしてハイブリッド型のライブにも「それぞれに違った面白さ」と「演者側に求められるそれぞれに違った配慮」があるんだなということを,その全部を経験してみて朧げに感じました。

 両ライブとも,本当にいい経験になりました。そして,強力な仲間たちと共演できて楽しかった!


こちらは1部のアーカイブがしばらくの間観られます。
投げ銭(動画の説明欄をご覧ください)にご協力いただければ幸いです!

 

 †

 さて,前回更新でお伝えした今月のスケジュールですが,調整中となっていた2公演が無事決まりました。

 ●6/27 (Sat.)【生配信】名知玲美×松原慶史×ひかり 遠隔生演奏ライブ#5 ゲスト箭島裕治(ba) ※15時開演
 今まで何度もライブをご一緒させていただいている名知玲美 (vo.) さんから,NDプロジェクトへのゲスト参加のお誘いを頂きました! 松原 (gt.) さんとはAmaKha三科がライブをご一緒した折にご挨拶させていただいたことがありますが,私が演奏をご一緒するのは初めてで,さらにひかり (vo.) さんとは完全無欠の「初めまして」です。Topo君佐久間さんがそうだったように,ZOOMとND越しに「初めまして」のご挨拶をして,リハをやって本番が終わってもまだお互い実際に会ったことはない,という(笑)。いつかは自分もND上でそういう体験をするのだろうなと思ってはいたけど,その機会がまさかこんなに早く訪れるとは!

●6/29 (Mon.) 堤智恵子@日吉WonderWall-Yokohama
 配信付きではない,本当に久々の純粋なライブハウスでのライブ。今やただでさえ貴重な生ライブですが,やはり座席数を減らさなくてはならないようですので,ご予約は争奪戦となるはずです。メンバーも超強力,どうか皆様お早めのご予約を

●6/30 (Tue.) 箭島裕治オンラインクィンテット・遠隔同時セッション生配信! ※15時開演
 山下Topo洋平(ケーナ/サンポーニャ)君,佐久間優子(ピアノ)さん,海沼正利(パーカッション)さん,私(ベース)という4人のNETDUETTER(笑)による遠隔同時セッション! 4人なのになぜクィンテットなのかというと,このセッションでもオペレートをお願いしているエンジニア橋本敏邦さんをメンバーの一人とお見立てしているからです(迷惑でしたらすみません 笑)。
 先日無事リハを終え,配信URLも決定しました。超おすすめです!

 その他来月以降のライブ(まだまだ少ないですが,配信で増やしていきたいです)も含め,詳細はScheduleのページをご覧ください!

 


明日(13日)の配信と今月の予定

 いよいよ明日,AmaKha遠隔同時セッションvol.2を15時より生配信します。配信は下記動画上で時間になったら始まりますので,お時間のご都合よい方々はリマインダーをかけておいていただければ幸いです。今回は選曲の都合上アーカイブを残せませんので,ご都合悪い方もどうにかご都合つけていただいて(笑)ご視聴いただければ,と思います。


投げ銭にご協力いただける場合はこちらからお願いいたします!

 

 さらに今月,新たな配信ライブが続々と決まりつつあります。もともと6月に入っていた通常のライブはどこのお店でも中止か延期が決まったものが多いので,空いてしまったスケジュールを配信ライブで有効に使おうという動きが広まり直近のブッキングが増える傾向にあるのだと思います。今後若干の緩和はあるかもしれませんが,ことに配信ライブについては依然としてその傾向が続くと思いますのでどうか皆様こまめなScheduleチェックをよろしくお願いいたします。さしあたって,今月分の箭島のライブ予定を通常/配信含めここでも列挙しておきます。

6/13(土)【生配信】AmaKha遠隔同時セッション!
6/21(日)【通常ライブ・昼公演・生配信あり】ゆう・ゆう・けんと@キーストンクラブ東京
6/27(土)<生配信ライブ決まるかも? 確認中>
6/29(月)<通常ライブ決まるかも? 確認中>
6/30(火)【生配信】箭島裕治オンラインクィンテット

 決定しているものに関してはScheduleのページに載せてありますので,そちらで詳細ご確認いただければと思います。

 まだまだ通常営業といえる状態には程遠いですが,それでも6月は4〜5月同様出演予定のライブが全て中止になるはずだったので,配信だろうがなんだろうがこれだけ演奏機会が急に増えてきた事にはただただ重畳という他ありません。個人的にもまだまだ試行錯誤の段階であることには変わりませんが,まずは明日6/13の配信が在宅ライブという手段に於いて一つの到達点として世に問えるよう,しっかり準備したうえで音楽を楽しみたいと思っています。強力サポート陣と一緒にお送りするAmaKhaライブ,どうぞお楽しみに!

 


配信アーカイブと次回配信のお知らせ

 5/30のNETDUETTOオンラインセッション,および6/1のキーストンクラブ東京からの生配信ライブ,たくさんのご視聴本当にありがとうございました! 特に後者はお店が生配信を始めて以来最高の視聴者数を記録したそうです。
 いずれの配信も1週間程度アーカイブを残す予定でして,その間投げ銭も受け付けております。まだご覧になっていないという方は,是非削除される前にご視聴いただき,もし楽しんでいただけたようでしたら投げ銭の方にもご協力いただければと思います。それぞれの投げ銭の方法は各動画の説明欄にありますのでそちらをご確認いただければと思います。


5/30,山下Topo洋平佐久間優子/箭島裕治による
NETDUETTOを使用したオンラインセッション


6/1,六本木・キーストンクラブ東京からお送りした
BOOT FUNK! + 三科かをりのライブ動画

 

 †

 さて次回の配信の予定ですが,6/13(土)15時からAmaKha遠隔同時セッションvol.2の生配信が決まりました! 今回はNETDUETTOに大変造詣の深い音響エンジニア,橋本敏邦 (T-Spec) さんのお力を借り,ライブハウスからの配信と違(たが)わない高音質での配信が実現する予定です。メンバーは私と三科女史に加え,上の2ライブでも共演した佐久間優子 (pn.) さん,そしてパーカッションに海沼正利さんが入ってくださいます。こんな豪華なメンバーが全員NETDUETTOをやっておられるというのも,結構奇跡に近い確率だと思いますよ。

 配信URLはこちら

 通常のライブですと大体ブッキングが当日の3〜4ヶ月前ですので告知にも余裕があるのですが,配信ライブはかなり近い日程でブックされる傾向にありますので,皆様Scheduleのページを是非頻繁にチェックしていただければと思います。今後もライブが通常営業に戻るまで,みんなで知恵を出し合いながらいろいろな配信にチャレンジしていきたいと思っております。

 

 †


こちらは遠隔リハ時の動画。どうぞお楽しみに!

 


<お知らせ>ライブ配信2つ,急遽決まりました

 前の投稿でお話しした通り,ケーナ&サンポーニャ奏者の山下Topo洋平君,ピアノの佐久間優子さんと私の3人でNETDUETTOを使った3人同時在宅遠隔セッションを生配信することが決まりました。日時は5/30(土),14時からです! 配信は箭島裕治eBASS塾のFacebookページのタイムラインで行う予定です(FBアカウントをお持ちでない方でも観られると思います)。投げ銭にご協力いただければ幸いです!

 

 さらに6/1(月)には箭島裕治BOOT FUNK!のライブを,KEYSTONE Club東京さんのYouTubeチャンネルから生配信いたします(配信ページはこちら)! 以前ピアノの奥山さんから「キーストンクラブの配信はかなり高クォリティだよ」と聞いていたので,多分かなりいい感じでご視聴いただけるのではないかと思います。ヴォーカル三科かをり女史もゲスト出演します! どうぞご期待ください。

 

 


五里霧中,暗中模索

 21日ぶりの更新となります。

 残念ながら5〜6月に出演予定だったライブも全てなくなり,現在ご案内できるのは7/27(月)のBOOT FUNK! feat. AmaKha関内パラダイスカフェのみとなっております。手帳的には他にもいくつかライブが入っているのですがそれも8月いっぱいまでは本当にわずかしかなく,それらも時期的に開催できるのかまだ不透明な状態でありまして情報がリリースできません。

 7/27に関しましては現在のところ,会場サイドによると客席の上限を30席として開催する予定とのことです。今後の社会状況や政府見解などによってその上限も変更する可能性があるとのことですが,これを書いている段階ではそのような設定になっておりますのでご予約をしてくださるという方は一応お早めのほうが良いかもしれません(ご予約はこちらから)。昨今新規感染者数が減りつつあるのは本当に喜ばしいことですが,いきなり以前と同じような生活に戻してはすぐにまた猖獗が振り返すであろうことは自明の理であり,もちろんこのライブも中止になって欲しくはないですが,他のあらゆる業種,私たちにとって必要なあらゆる産業が停滞を余儀なくされた,最も苦しかった日々に逆戻りしないよう,少しずつ,そろりそろりと自分なりの自粛解除を進めていきたいです。

 †

 まずはここから先,自宅やライブハウスからの生配信ライブを色々試していきたいと思っています。とある界隈では見てくださった方も多かったようですが,5/10に一応試運転ということで生まれて初めて自宅からの生配信をFacebookライブを用いて敢行してみました。自宅演奏といっても私の独り相撲を見たい人がいるとはとても思えないので(私もやりたいと思ったことがない),NETDUETTOを使える4人のミュージシャンにご協力をいただき全員在宅による遠隔同時セッションにチャレンジしたのですが,そもそも生配信自体をやったことがない上にいまだ製品としては開発途上にあるβ版のNETDUETTOを使っての配信ということで,はっきりいって成功する自信が全くなく,あくまで「テスト配信」ということで告知もFBの中だけで行い,ここや他のSNSでの宣伝は一切行いませんでした。配信は事前に想定していたよりはずっとたくさんの方々に見ていただき,少なくとも遅延はほとんど起こらず大変好評ではあったのですが,一方で技術的な課題も多く残しそこから今日に至るまでの15日間のうち,半分くらいの時間をNETDUETTOの研究と実験に費やしています(笑)。まぁそんなこともありブログの更新どころではなかったという。

 ともかく4月から5月にかけて,お客さんはおろか私たちプレイヤーがお店に集まることすら憚られるような社会状況が続いていましたが,ここから先は私もNETDUETTOと並行してライブハウスでの無観客/少観客生配信ライブを自分のリーダーバンドでブックしたいなと思っています。これはまだSNSでも告知していないのですが,さしあたって今週末30日(土),いずれかの配信クライアントを使ってケーナ/サンポーニャの山下topo洋平君,ピアノの佐久間優子さんと3人でNETDUETTOによる遠隔同時セッションの生配信を行う予定です。詳細決まりましたらScheduleのページに載せますのでチェックお願いできればと思います。また,5/24に荻窪ルースターで行われる予定だったBOOT FUNK!のライブも中止になってしまいましたので,近い日程でBFのライブをどこかの会場から生配信できないかと模索しています。

 様々なライブが中止になって以降ここまで,オーヴァーダビングによる様々な編成の演奏動画を撮って載せてきましたが,初めてNETDUETTOが成功した時に感じたのはやはり「ミュージシャン同士で同時に演奏する事の底知れぬ楽しさ」でした。コロナ禍以前は空気くらいに感じていたそのありがたみを,このような形で思い知らされる日が来ようとは思ってもみませんでしたが,ヴァーチャルであろうがデジタルであろうがそれを実現させ,セッションに飢えていた私たちを狂喜乱舞させてくれたのがたった一つの未完成なβ版アプリだったというのはなんとも凄い話だな,と思うのです。

 

 †

 さて以前どこかで予言した通り,ライブやレッスンが次々と中止になって以降順調に進み始めていたeBASS塾の教材制作がここのところ停滞しています(笑)。あながちNETDUETTO関連だけがその理由なのではなく,オーヴァーダビングによる自作/他作含めた様々なプロジェクトの動画制作に関わっていたせいもあります。今回も最近公開された様々な動画をここに埋め込んで終了したいと思います。あぁこれでまたサイトが重くなるわ(笑)。


野呂一生 (gt.) さんが作曲した医療従事者の方々への感謝ソング「A・RI・GA・TO」を,CASIOPEA3rd / ISSEI NORO INSPIRITS / AmaKhaで演奏


AmaKha + 佐久間優子 (pn.) さんで,NETDUETTOを使った遠隔同時演奏の実験


各々できる範囲で宅録オーヴァーダブに挑戦。
BOOT FUNK! + AmaKhaでクルセイダーズを演奏


ただの笑かし動画と侮るなかれ,中央のコンゲーロ・ひごたくみ君はなんと18歳!
(左右の生き物はホントにただの笑かしです)


ピアノの奥山勝さんが自作曲をアップロードしたら,頼まれもしないのに色々なミュージシャンが次々と自分のパートを演奏した動画を送りつけてきて最終的に凄いものが出来上がったという,FBで大変盛り上がった話


「自分で自分をコピー」シリーズ。こちらはINSPIRITSではなく,AmaKhaの1stアルバムでのベースソロ。

 同時演奏はもちろん最高に楽しいけど,オーヴァーダビングは最悪スマホさえ持ってれば誰でも参加できるところがいいですよね。これに音響や映像,美術のプロの方々が加わったら,関係者全員家にいながら有料コンテンツとしてふさわしいものが出来上がるかも知れないという。
 多くのプレイヤーにとって,音楽は単なる仕事であるだけはなく自分そのものであるはずです。だから例え対価がなくとも皆こうして音楽や演奏,またはそれらを通した別の何かを伝えずにはいられない。しかしだからと言って,演奏の対価を恒久的に得られないまま演奏家でい続けられるわけもない。幸いにして今は1980年代ではなく2020年であり,インターネットやスマホなどの強力なツールを誰でも持っている時代です。であればどうにかしてこれらを駆使し,プレイヤー達がプレイヤーとしてしぶとく生き残っていける道がないだろうかと日々考えています。私たちの周囲に,生きた音楽が常に在り続けられるように。