帰還したらしばらくダラダラできると思っていたのに

 長かった「激レア・スパニッシュ・コネクション」ツアー第1陣も終わり,福島からの戻り日にこれを書いています。色々楽しい思い出がありましたが,その辺はTwitterで小出しにしておりますので気が向いたらご覧いただければと思います。暇があったらどこかに雑感を書くかもしれません。

 

 †

 さて6月,自分の企画が3つも入っています。まずはこちら。

 熊谷望 (bs.) さんとの双頭企画「ベース万歳!」,私がつい先日まで旅に出ていたので今月はこの1回となりそうです。今回のテーマは「ベーシストとライブハウス」! 我ながら「あーついにこの話題を持ち出したか」って感じですが,ベーシストにとって演奏しやすい会場/そうでない会場(笑)にはどんな要素があるのか,バンマスとして特に懇意にしている会場はどこか,その理由,「ライブハウスのこういうところは改善してほしい!」という点など,本音トーク全開でお届けしたいと思います! これは長くなりそう(笑)。
 もちろん,ベース・デュオによる遠隔セッションもお届けいたします! 配信は熊谷さんの公式YouTubeチャンネル。どうぞお楽しみに!

 

 †

 さらに6/21(火)はこちら。

 今月のAmaKha Broadcasting!はピアニストの森悠也君をゲストにお迎えしてお送りします! 森君とは2020年の秋にインストバンド「Project QuO」の録音でご一緒して以来同バンドで2年近く共演を重ねています。この録音のラフミックスが上がってきたとき,家のPCで聴いていたら普段あまりインストに食指を動かさない三科女史が「カッコいいバンドだね!」と驚いていたんですよね。以来,このバンドのピアニストである森君とAmaKhaとの邂逅をうっすらとイメージしてはいたのですが,その絶好の機会がやっと訪れたというわけです。

 AmaKhaのアレンジしたゴスペル曲やオリジナル曲を3人で演奏しながら,森君の音楽的バックボーンやピアニスト視点で見た「QuO」というバンドについて,そしてゴスペル音楽に対するイメージなどをたっぷりと語っていただきたいなと思っております。さらには「QuO」でも演奏している森君のオリジナル曲をヴォーカル入りのスペシャルバージョンでもお届けいたします! 例によって,ご視聴(サブスクリプション制)のお申し込みはこちらです!

 

 †

 さらにその翌日,6/22(水)はこちら!

 今月3本ある私のリーダー企画のうち,リアル空間での生のライブはこれのみです(ご来場ご予約はこちらから!)。もちろん遠方の皆様,ご事情で会場に来られない皆様のために配信も敷設していただいています(配信チケットご購入はこちらから!)。

 パーカッショニスト加瀬田聡君(=かせっち)を初めてゲストに呼んだ前回,サウンドチェックを済ませて1曲目のリハを始めた時から私はもう「あ,次もサテンドールに出られたらまたかせっちを呼ぼう」と心に決めていました(笑)。そのくらい感触が良かったんですよね。良すぎた。


(↑前回ライブのダイジェストです)

 そんな機会が4ヶ月ぶりに再び巡ってきた…という,私からしてみれば「盆と正月が一緒に来た」というようなライブが今度の6/22なんです。本当はもうかせっちを正式メンバーに迎え入れたいくらいですが(彼が嫌でなければ 笑),今のところ当バンドが懇意にしている会場で「打楽器二人を含む6人編成を許容できるステージ」を持つハコが他にないもんで泣く泣く諦めたという。

 せっかくですので前回と多少曲目を入れ替えたりしてお届けしようと思っております。貴重なリアルライブですので是非会場でご覧いただきたいですが,配信も大変高品質なはずですのでそちらもご遠慮なくご利用ください!

 

 †

 そしてこれは私のリーダー企画ではないのですが,ツアー中に録音と映像を編集してまとめ上げた努力を買ってほしいということでご紹介(笑)。

 今回の「激レア〜」ツアー24公演のうち,函館での2公演をマルチカム映像にまとめたものを配信する予定です。上掲のYouTubeは5/27に行われた「コルクボックス」でのライブで,6/23(木)にプレミア配信されます。アーカイブが1週間残りますが,リアルタイムでしたらチャットもご利用いただけますので是非ご利用ください! おそらく「激レア〜」のメンバーもチャットに参戦します。
 どなたでもご覧いただけますが,お楽しみいただけましたら動画の解説欄から投げ銭にご協力いただけましたら幸いです。

 5/28に行われた「金森ホール」での公演は8月ごろに有料配信される予定です。どうぞお楽しみに!

 


旅芸人

 5/16から激レア・スパニッシュ・コネクション(吉見征樹tabla / 平松加奈vln / 箭島裕治bs)のツアーに出ており,今日は吉見さんが運転する私の機材車の助手席でこれを書いています。初日は名古屋Doxyでのライブで,その後昨日まで近江八幡・越前・福井・金沢・長野と毎日ライブがあり,以降南魚沼・川西町・秋田・弘前・函館・函館(その2)・札幌・苫小牧・八戸・盛岡(ダブルヘッダー)・沼宮内・水沢・盛岡(その2)・一関・仙台・福島と回る予定です。24日間で26公演,OFF日はフェリー移動の日以外にわずか1日のみ(笑)。以前もスパコネ関連で年間50公演ほどのツアーに随行したことはありますが,大抵3陣〜4陣くらいに日程が分けられていたので24日間も家を空けるという経験はありませんでした。今回は第1陣が東海・北陸・東北・北海道,第2陣が関西・山陰・山陽・四国となる予定ですので,2陣は2週間ほどですが1陣がほぼ1ヶ月という長期遠征になりました。今回の第1陣,函館の2公演だけは映像を収録して後日配信する予定なのですが,なんと生配信のある公演が1箇所もありませんので,首都圏の皆様とは本当に1ヶ月間画面越しにもお会いできないということになります。なのでどこかご都合が合う日程がありましたら旅行がてら各地に見にいらしていただければと思います。また,7/14(木)には同バンドの東京公演が組まれておりますので(予約制),そちらも併せてご覧いただければと思います。

 スケジュールの詳細はScheduleのページをご覧ください! 下記フライヤーに掲載されていないスケジュールもあります。

 


旅が終われば超ヒマに

 先月22日の博多辺りからこの連休いっぱいまで久々にとんでもなく忙しくなり,ここの更新もほぼ1ヶ月ぶりとなってしまいました。それまでもライブの本数自体は回復傾向にあったのですがホールなど大規模会場でのお仕事は依然として少なく,ライブハウスなどの小規模会場にもお客様が戻って来たとはまだまだ言い難いな…というのが日々の実感でした。その辺の様相がこの連休辺りからぐっと良い方向に変わってきたように思います。尤も,どんな会場でもキャパいっぱいにお客さんを詰め込むことは未だに忌避される状況ですし,安心して会場に来ていただくにはそれもやむを得ない事かとは思いますが,状況が少しずつ良くなればお客さんも少しずつ戻ってきてくれるんだ…と実感できた有難い繁忙期でした。

 

 †

 さて,今後の自分企画はこんなものが控えています。

 ●まずは5/7(土)。これを書いている時点でもう明日ですが(笑),AmaKha Broadcasting!の第15回目です。久しぶりに奥山勝 (kb.) さん・服部恵 (perc.) さんをゲストにお迎えして,この1年「箭島裕治New Trio」として遠隔同時演奏に挑戦してきた事や,先月初めて現実世界(?)でのリアルライブを果たした感想などをお聞きしつつ,たっぷりと演奏をお届けしたいと思っております。ご視聴は月額1,000円(税込)のサブスク制です。お申し込みはこちらから! ご解約はいつでも可能です。

 

 ●そして5/10(火)は「箭島・熊谷の『ベース万歳!』」の第12回目。今回のテーマは「なぜ多弦を弾くのか,いつ4弦を弾くのか」。それぞれ6弦・5弦プレイヤーである私と熊谷さんがなぜ多弦ベースにこだわるのか,あえて4弦を弾くとしたらどんなシチュエーションなのか,とことん語り尽くしたいと思っています。いつも配信の冒頭・中盤・終盤に1曲ずつツイン・ベース・セッションによる演奏を挿入していますので,どれか1曲は二人とも4弦でプレイする…という趣向も面白いなと思っています!

 

 †

 今月は16日からほぼ1ヶ月間「激レア・スパニッシュ・コネクション」のツアーに出かけてしまうので,東京でのリアルライブは12日(木)の堤智恵子 (sax.) さん,そして13日(金)の川口信子 (pn.) さんのライブしかありません。首都圏にお住まいの皆様,是非両ライブに足をお運びいただければと思います。詳細はScheduleのページをご覧ください!

 


まだまだライブ業界のブックは流動的ですが

 4/8に六本木サテンドールで行われたProject QuOライブのダイジェストをオカリナの茨木智博君が終演から5時間後くらいに作ってくれました。普段ならそんなに急がなくてもいいんだけど,Zaikoの配信って大抵アーカイブ期間が3日しかないもんで。何にせよ大変充実したライブでしたので皆様是非4/11(月)20:00までにこちらのサイトでチケットをお買い求めの上配信アーカイブをご覧ください(ご視聴は同日21:55まで)。画質・音質とも高クォリティで,画角も色々あってめちゃ楽しめます。ピアノトリオ「宴」時代の私のオリジナル曲「花吹雪」も演奏しています。

 

 †

 さて,ここから先も色々入ってるんだわさ。まずはリーダー企画から。

 もうこれはこれを書いている時点で配信まで24時間切ってるんですが(笑),4/10(日)20時から熊谷望さんとの「ベース万歳!」の記念すべき第10回目です! こんなキリのいい回に設けたテーマは「弦長・弦高・弦間について考える」という,どうしようもなくマニアックなテーマです(笑)。3つともベーシストによって好みの分かれる話であり,私と熊谷さんでも全て好みが同じではないはずですが,この3つについてよく考えると,「弦高」は自分でいつでも変えられる数値,「弦間」はパーツの交換次第でどうにか変えられるかもしれない数値,そして「弦長」だけは楽器(ひょっとしたらネック)を変えない限りどうにもならない数値ですよね。今回はその辺の切り口から,配信前半では「弦長」と「弦間ピッチ」について,そして後半では多分議論の的になりやすい「弦高」についてたっぷりと語り尽くしたいと思います。もちろんベースデュオによる演奏もあります! お楽しみに。

 

 †

 その1週間後,4/17(日)はAmaKha Broadcasting! vol.14。今回のゲストはア・カペラ・グループ「4tune(フォーチュン)」の皆さんです!

 何かずーっと知り合い同士だったのに何で今までAmaKhaと4tuneってコラボする機会がなかったのかしら,不思議不思議…とあちこちのSNSに書いてきたのですが,まぁよく考えたら4tuneはア・カペラ・グループですし,バンドサウンドのAmaKhaとコラボしたらア・カペラじゃなくなっちゃいますもんね。今回は楽器がベース一人しかいなかったからこそコラボが実現したのかもしれません。で,やっぱア・カペラは原則譜面見ちゃいけないんだそうで,今回は何と事前リハ3回もかまして配信に臨みます。配信当日の音合わせも数えたら4回。サウンドも好感触で,ちょっと今までにないようなライブになること間違いなしです。私がアレンジャーとしてリスペクトするちざわさんの編曲も冴え渡っています。

 ご視聴は例によって月額¥1,000(税込)のサブスクリプション(購読)制です。1ヶ月だけですぐ解約することも可能ですので,お申し込みはこちらのサイトからどうぞお気軽に! 配信当日観られなくても,アーカイブは翌日から翌月末までご視聴いただけます。

 

 †

 さて,兵隊としても色々入っています。今月は配信よりもリアルライブが多め。

 ●4/16(土)は堤智恵子 (sax.) 女史の遠隔同時演奏バンドで配信。先々月あたりから選曲に一定のテーマを設けておられるようで,私もYYOQでこういうのやっていたので個人的には大変ツボです。配信は堤女史の公式YouTubeチャンネルにて!

 ●4/22(金)ははたけやま裕 (perc.) 女史が「自分にとって今年最大のイベント」と言って憚らない,福岡・電気ビル「みらいホール」での「音語りの色」コンサート。今や女史の作品になくてはならない存在である蒲原元 (animetion) さんに加え,女史の最新アルバムの参加メンバーであるKeiko (pn.) 女史 ・伊藤ハルトシ (vcl./gt.) 君・私 (bs.) ,そしてスペシャルゲストに柳家喬太郎師匠という超レアな布陣で,一夜限りのコンサートを福岡でやるという贅沢さ。内容的にもディープ&コンセプチュアルなものになりそう。

 ●4/26(火)は急遽決まったライブで,超素晴らしいヴァイオリニスト会田桃子 (vln.) 女史のセッション@銀座スウィング。会田女史とはなかなか共演機会ないので本当に楽しみ。何とこの日もはたけやま裕女史と一緒で,ピアノは上野山英里女史。この前の堤/佐久間山崎三女史との共演といい,上記ABCvol.14といい,私最近ハーレム状態のブックに恵まれてるなぁ。ありがたやありがたや…

 ●4/29は半年に1度のライブが恒例になりつつあるPower Hornsのライブ。今回も昼夜入れ替えのダブルヘッダーでお届けします。白井アキト (kb.) 君とは初共演! 楽しみです。

 その他,色々更新しておりますのでScheduleのページをご覧いただければと思います。5/1の「世界音楽紀行」(あら,この日もハーレムだわ),5/16〜6/11の激レア・スパニッシュ・コネクション・ツアー,6月末からの渡辺真知子 (vo.) さんツアーなど,スペシャルな公演も色々入っています! また「ベース万歳!」の第11回目はおそらく4/25か27あたりになりそうです。判り次第更新します!

 


ある意味,こういうのが夢でもありました

 急に入った配信とか色々あるのですが,今回はまずこちらを観ていただいて。

 最近upした,「箭島裕治New Trio」(奥山勝pn.さん+服部恵perc.さん+私bs.)の前回配信のダイジェストです。この回では盟友(と私が勝手に思っている)山下Topo洋平quena君をゲストに迎え,4人編成の遠隔同時演奏で楽しくお届けしました。
 で,このダイジェストの中にも盛り込みましたが,MCで「この4人でリアルライブもやりましょうよ」という話になったんですよね。そしたらその後,たまたま六本木サテンドールさんから「4/1(金)に出演できるバンドさん居ないでしょうか?」とご相談いただき,それなら…ということでこのバンドをブックして頂くことができたのです。願い事って,口に出したら叶うものなんですかね。

 思えば「遠隔配信ライブ専用のバンド」としてこのトリオを立ち上げてからそろそろ1年になります。それまではやはり遠隔オンリーのバンドとして「箭島裕治オンライン・クィンテット」というバンドをやっていましたが,専ら遠隔のためだけに始めたバンドでリアルライブに出演するというのは今回が初めてで,何だか今までに感じたことのないワクワク感があります。だってTopo君もめぐちゃんもまだ,奥山さんとリアルで会ったことないんですよ。何度も何度も共演してるのに(笑)。何だか「ドラえもん」の世界の中の話のようですが,それを現実にしてしまうSYNCROOMの凄さを改めて感じています。
 このライブが終わっちゃえばバンドはまたヴァーチャル空間に戻ってしまいますので(笑),貴重なこの機会をぜひお見逃しなく! 蔓延防止措置も解除されたことですし会場でお会いできれば最高ですけど,もちろん配信も敷設していただいておりますのでこちらもご遠慮なくご利用ください。ご来場のご予約はこちらから,配信チケットのご購入はこちらからお申し込みください! お待ちしております。

 

 †

 で,急に入った配信というのはこちらなんです。

 私のScheduleのページを見ていただくと「あれ,こいつ22日から29日まで何も入ってねーじゃん,このド無職が」って感じになってたと思うんですが,無職どころかもう宿題が多すぎて毎日家で片時もPCから離れられない状態なんですホントです信じてください。逆にこのままだと一切ベースに触れないまま1週間余りを過ごしてしまいそうで,「これは何かもうゲリラ配信でもしなければベースの弾き方忘れてしまうわ」と思い立ち,周辺の仲間達に声をかけてみたところ「急遽」にしてはえらいこと凄いメンバーが集まってしまったという。
 今回は橋本さんいないんで音質画質ともそこそこだと思いますが,もう「ゆる配信」と割り切って楽しんで観ていただければと思います。こちらもあんま難しい曲とかはやらずにユルく楽しく演奏したいです。3/27(日)19時開演予定です!

 

 †

 ちなみに3/30(水)はこちら! 今回もとことんマニアックに行きます!