「Meditation」カテゴリーアーカイブ

ブログです。2001年9月から書き続けています。

生観覧が輝くための生配信

 「気がついたらもう明日」になっていました。箭島裕治BOOT FUNK!,実に半年ぶりの単独でのライブが9/14(月),日吉Wonder-Wall Yokohamaで行われます。今回は会場からの生配信も敷かれており,有料かつアーカイブなしですが大変リーズナブルな価格設定になっておりますので,遠方で会場に来られない方々に是非広く利用していただきたいと思っている次第であります。またご来場の際のミュージックチャージもご予約の方が幾分お安くなっておりますので,ご都合のつく方は是非ご予約の上お越しくださいますようお願いするものであります。

 ご来場の予約はこちらから,また配信のお申し込みはこちらからお願いいたします!


単体の映像も久しくご紹介してなかったので,こちらに

 

 †

 このブログを遡っていくと判るのですが,本当は5/24に荻窪ルースターでのライブが予定されていたんですよね。それが敢行されていれば半年もライブが空くことはなかったのですが,4/7に緊急事態宣言が発布されとてもライブハウスに集まれる状況ではなくなってしまい,結局そのライブは涙を飲んで中止にせざるを得ませんでした。首都圏での宣言解除は中止になったライブのわずかに1日後の5/25で,そこからは徐々に無観客の配信ライブなどが行われるようになり,現在ではキャパを制限しながらのライブが割と普通にブックされるようになっているのは皆さんもご存知の通りです。
 冒頭に「気がついたらもう明日」と書きましたが,思えば以前は日々の雑務に追われてよくそんなことを書いていたなぁと思うんですよね。それを今再び言えるほど忙しくなってきたのはある意味何ともありがたい話だなぁとは思うのですが,一方でライブを観にきて下さる方々にとってはご自身が足を運びたくてもご家族や職場からそれを諫められるなど,中々ライブに行きづらい状況も続いているようです。そんな折に一時的にでも演者・店・お客さんの三者が満足できる手段があるとすればやはりそれは生配信をおいて他になく,それもお客さんに十分納得してもらえる高品質の配信が必要不可欠であろうと個人的には思います。

 WonderWall-Yokohamaさんでの配信が始まった折,私もポケットマネーを投じて試聴させていただきましたがなかなかのクォリティだったので,きっと明日の配信は視聴者の皆さんに楽しんでいただけるものと楽しみにしています。また,ご事情の許す皆様にはぜひ会場に足をお運びいただき,キャパの制限された店内でゆったりと美味しいお食事を楽しみながら生演奏を聴いていただきたいと思います。配信が高度になればなるほど,生ライブの観覧はさらなる贅沢として一層魅力を増して認知されるものと,いち音楽好きとして確信している今日この頃です。

 


「激レア・スパニッシュ・コネクション」と命名されたそうです

 いやー,堤さんやり遂げましたよ。SYNCROOM配信。

 私以外は全員東京音楽大学の卒業生だったという稀有なライブだったのですが,初共演であるはずの海沼さんとつっつんが人としてやたら馬が合う感じがしたのはそのせいだったのかと。まぁその辺は見ていただければわかると思いますが,アーカイブ公開は本日9/6(日)までだと思いますので,みなさまお時間見つけて是非ご覧いただければと思います。投げ銭(動画の説明欄に方法が記載されています)の方も是非よろしくお願いいたします。

 

 †

 さて今日は名古屋の宿でこれを書いています。今月1日から始まった「スパニッシュ・コネクション」のツアー,昨日5日が4日目にして遠征シリーズの初日でした。今回はバンド結成20周年記念という節目のツアーだったのですが,リーダーでギタリストの伊藤芳輝さんが病気療養の為,今ツアー全公演の出演ならびに今年の演奏活動全てを取り止めなくてはならなくなったので,なんと今ツアーは正規メンバー平松加奈 (vln.) さん・吉見征樹 (tabla) さんとサポート箭島 (bs.) の3人で回ることになりました(東京でのライブ,10/1福山,10/24以降の東北〜北海道は服部恵女史がビブラフォンで参加してくれます)。「スパコネでギターがいないって成立するんかいな」とみなさんお思いでしょうが(私もそう思っていましたが),実際の演奏の様子をご覧になればきっと「実物を見てみたい!」と思っていただけるものと思います。

 ツアー日程は芳輝さんが休場となったことでいくつかキャンセルになった会場もありますが,和歌山・高松の会場が確定し,他に幾つか公演が増える可能性も出てきました。随時Scheduleのページを更新していきますので,チェックしていただければ幸いです。

 


直感

 生まれてこの方サラリーマン経験がないので市井の肌感覚と乖離している可能性は大いにあるのだが,ここ最近は「企画書→会議(オンラインだけど)→タスク→報告書→また会議」みたいな,自分のような稼業からすると「こ…これがちゃんとした社会人か!」的な忙しさを存分に味わった,充実した2週間だった。それも物凄く仕事のできる部下を持った,年数だけで一応管理職に居座っているダメ上司の気分。…はっ! これ…もしかして……妖精…さん……?

 †

 そんな妖精ベーシストがですね,ついに「遠隔セッションセミナー」で講師として何か喋ることになりました。大丈夫か。私でいいのか本当に。

 ↑8/29に配信される(アーカイブもしばらくは残るかと)この動画は無料で見られる予告編ダイジェストでして,セミナー本編は9月下旬に有料のものが4回に分けて行われます(もういきなり申し込みたいとか言ってくださる方はこちらへ!)。で,ご覧の通り妖精,もとい箭島はアシスタント講師であり基本的には橋本さんの講義に相槌を打つ係と思われるので,上掲の「私でいいのか」という心配は杞憂に終わりそうです(何と言っても橋本さんがこの分野では最強すぎるので)。ただ遠隔セッションの特性上「プレイヤーもこの部分だけは自分でやろうね」っていう部分がどうしても出てくるので,その部分だけでも多少お話しできたらセミナー全体の情報量の1%くらいはお役に立てるのかなと思っています。また,かつてJC〜JKだった頃に私の生徒さんだったうぽる女史と(職種は違いますが)プロ同士としてお仕事をご一緒するのは初めてであり,このようなケースは講師人生でも多分初めてなので大変嬉しく思います(プロのベーシストになった生徒さんもいたのだけど,ベーシスト同士だと同じ仕事で会えないのよね)。

 中身の解説は特設サイトに飛んでいただいてお読みいただくのが早いと思うのですが,4回のセミナーそれぞれの需要は多分プロ/アマミュージシャン,エンジニアさんなどで多少分かれると思うので個別に受講していただくことも可能です。コロナ禍以降NETDUETTO / SYNCROOMを初めてここまでの4ヶ月で思うのは,こういうのってあまりにも生楽器/生演奏に慣れすぎている(+集音も録音も専門家にやってもらえる)プロの演奏家よりも,宅録とかを趣味的/DIY的にやっているアマチュアの方々の方が自分なりに使いこなせてる人が多そうだな,ということです。とするとプレイヤーさんでこのセミナーに興味持ってくれそうな方々は専らプロミュージシャンが多いのかな…と予想するのですが,DIY派の人だって普段この規模の機材を扱っているプロのオペさんの技術は知りたいだろうし,橋本さんと同業の方でもここまでどっぷりと遠隔セッションを研究しておられる人もそういないだろうし…などと考えると果たしてどの層の琴線に最も触れられるのかはちょっと予測ができないのですが,まぁともかく橋本さんのここまでの飽くなき研究によって培われた情報量と成果はおそらく比肩するものがなかろうと思いますので,ちょっとでも興味のある方には迷わずお申し込みいただきたいと思います。こんな慣れない企画,そう何度もやれないかんね(笑)。

 †

 さて遠隔セッションといえば,次の配信はもう9/27のオンラインクィンテットまでしばらくないや…と思っていたら,何と8/30(日)に急遽一本決まりました! 何とリーダーはあの! ミュージシャン界きってのアナログ派! 堤智恵子 (sax.) 女史です!


弘兼憲史さん直筆の似顔絵イラストが強力。課長堤智恵子!

 本人は「アタシがコレを始めたら他のミュージシャンも『あいつができるんなら俺にもできる』ってなるよね」などと笑っておられたので,「いやいやそんなひどいことはみんな言わないと思うけど」とフォローしつつも「ひょっとしたら言うかもしれない」と思ったのは内緒ですが(笑),でもま,こういうのをやってみたいと思う衝動って,結局アナログ派とかデジタル派とかはあんま関係ないんだろうな,と彼女の参入によって気づいたわけです。何でしょう,「きっと楽しいんだろうな」と思える直感ですかね。大事なのは。


AmaKha SYNCROOM Live! vol.4 ご視聴ありがとうございました!

 「投げ銭のURLがわからなくなった!」と仰る皆様,こちらでこざいますので今からでも是非どうぞ(笑)!
 8/23(日)まで受け付けております。

 インフォメーションがいろいろあるのですが,ちょっと今忙しくなってしまってなかなかここの更新が。一息ついたらまたきちんとお知らせしますが,とりあえず次回のSYNCROOM配信は9/27(日)のオンラインクィンテットの予定です! また9〜10月はいよいよスパニッシュ・コネクションのツアーで(1)西荻窪→(2)桜木町→(3)平塚→(4)名古屋→(5)近江八幡→(6)福井→(7)金沢→(8)米沢→(9)水戸→(10)銀座→(11)大塚→(12)平塚→(13)千葉→(14)福山→(15)倉敷→(16)生駒→(17)大阪→(18)岡山→(19)北九州→(20)太宰府→(21)博多→(22)松山→(23)京都→(24)弘前→(25)盛岡→(26)盛岡→(27)盛岡→(28)函館→(29)札幌→(30)旭川→(31)蘭越→(32)苫小牧→(33)六本木…と,全33箇所へ皆様のご機嫌を伺いに参ります。お近くにお住まいの皆様には,是非会場へお越しいただければと思います。詳細は「Schedule」のページをご覧ください!

 


「配信って音良くなったよね」と思ってもらえるためには,とにかく高音質の配信動画をどんどん上げていかなくては

 前回6/30の時の「箭島裕治オンライン・クィンテット」生配信のハイライト動画をアップロードしました。

 

 これって,「NETDUETTO」に代わって新しく「SYNCROOM」がリリースされた,まさにその翌日の配信だったんですよね。なので「さっそく使ってみますか?」と提案したんですけど,エンジニア橋本さんが「今回は一応,リハで動作確認が取れているNETDUETTOでいきましょう」と仰ったので,この日の配信はNETDUETTO+ZOOMでの駆動だったんです。それでもこの高音質が確保できたのはもちろん偏に橋本さんのおかげです。
 今週末8/2の配信ではいよいよSYNCROOMを使いますので,前回にも増して自然な演奏感でインタープレイに打ち込めるものと期待しています。なんと私,張り切り過ぎてこの日のための書き下ろしアレンジも用意しております。この日の主役はケーナですので,「ケーナと言えば」のあの曲をアレンジしました。↓こちらの動画にて16時配信開始です。どうぞお楽しみに!